テーマサイト立ち上げ

当社の弁護士テーマサイト制作に関連する特徴

弁護士が市場と向き合って顧客開拓をしていく場合、ホームページ、中でもテーマサイトの活用が重要になってきますテーマサイト制作時のテーマの選定は各事務所の実情や戦略により決定いたしますが、ある程度の人数がまとまって存在していて、その中でさらにターゲット・セグメントを絞っても成立することが条件と言えるでしょう。また、インターネットに向いているテーマとリアルでの関係性がないと難しいテーマが存在することも事実です。当社は多くの弁護士のテーマサイトに関わってきた経験から、クライアントの実情、戦略をヒアリングした上で、二人三脚でテーマサイトのテーマ選定・制作に関与いたします。

こんな弁護士の方はご相談ください

 

集客テーマ(業務)が決まっているので

☞  ホームぺージ制作を任せたい

☞  ホームぺージ制作・管理を任せたい

☞  ホームぺージ制作・管理・リスティング広告を任せたい


集客テーマ(業務)はまだ決まっていないので

  テーマ選定から相談に乗ってほしい


集客テーマ(業務)があるが結果が出ていないので

☞  結果が出るようにリニューアルしたい

 

事務所の集客UPの観点から

  集客テーマサイトの立ち上げと、顧問契約で継続アドバイザリーを任せたい


コーポレートサイトも含め

  Webマーケティング全体について顧問契約で継続アドバイザリーを任せたい

 

第一の顧客層(すでに問題解決に向けたフェーズに入っている層)にコーポレートサイトのTOPページをランディングページとした場合、魚が欲しい顧客層に全分野を網羅したスーパーのチラシを見せるようなもので、間違いではないが少し訴求が弱くなる側面があります。

第二の顧客層(自分が解決しなければいけない問題を調べている顧客層)に対して、テーマサイトの運用は、特定の症例を多く扱った医師がその問題について説明しているようなもので、非常に説得力があり、コンテンツマーケティングの側面からも非常に有効です。

 

テーマサイトの効果

テーマサイトの効果としては下記が挙げられます。

  • SEO対策に有効
  • リスティング広告など広告のランディングページとして有効
  • ファーストコンタクトの相手に、該当テーマに力を入れている事務所というブランド(専門性)を訴求しやすい

なぜネットで集客している事務所はいくつものホームページを持っているのか?

私どもが関わる法律事務所のホームページにはコーポレートサイトと呼ばれる事務所ホームページと「相続」などの個別テーマだけの情報をまとめている専門特化型テーマサイト(集客特化ホームぺージ)があります。コーポレートサイトはどんな対象が目にしてもその役割を果たせるホームページ、つまり名刺に載せられるURLのことです。コーポレートサイトでもある程度の集客は可能ですが、後で説明する広告的な側面と編集的な側面からテーマサイトにはアドバンテージがありますので、集客に力を入れている事務所は、各テーマごとにホームページを運営しているケースが多いのです。

どのくらい違いますかというご質問をいただくこともありますが、仮に10%程度の差しかないとしてもWebマーケティング自体の費用対効果を考えると、他の媒体に予算を使うよりもテーマサイトに予算を掛けるという選択に行きつくはずです。

テーマサイト(集客特化ホームぺージ)を見る2つの顧客層

法律事務所がテーマサイト(集客特化ホームぺージ)でアプローチするユーザー層を分けてテーマサイトのアドバンテージをご説明します

弁護士や司法書士事務所がテーマサイト(集客特化ホームぺージ)でアプローチするユーザー層は2つのセグメントに分けられます。1つ目(第一の顧客層)はすでに問題解決に向けたフェーズに入っている層、もう一つ(第二の顧客層)は自分が解決しなければいけない問題を調べている顧客層です。

1つ目の層は弁護士や司法書士事務所のホームページを探している可能性はあるが、一方の層は弁護士や司法書士事務所のホームページを探している可能性は高くありません。「どちらの層が重要なのか?」と聞かれることがありますが、直接的な受任面では第一の層ということになりますが、見込み客として第二の顧客層も大切にしなければいけません。

一般的にコンテンツマーケティングが主な対象にしているのは主に第二の顧客層(見込み客)になります

コンテンツマーケティングについてはこちらをお読みください。

第一の顧客層(すでに問題解決に動いている層)に対するテーマサイトを用いたアプローチ


Webマーケティングではリスティング広告や、検索エンジンのオーガニック検索からのリンク先ページのランディングページという重要ページの考え方があります。ターゲットに対して最も効果的なページを見せて訴求するかという考え方です。さらに、その中にはファーストビューというページが開いたときに見えるページの範囲が最重要だという考え方あります。

コーポレートサイトのTOPページをランディングページとした場合、魚が欲しいユーザーにスーパーのチラシを全面で見せるようなもので、間違いではないが少し訴求が弱くなる側面があります。中ページをランディングページとした場合においても他に業務の情報やヘッダ部分の総合的な情報がどうしても混ざってしまうので、総合スーパーの一部売り場の情報という位置付けに留まります。そして、そのスーパーは本当に魚に強いスーパーなのかということが一瞬で判断できないという弱点があります。ページを辿っていけばその事務所の強みなどは当然分かりますが、先程申し上げたようにWebマーケティングの世界ではランディングページやファーストビューという考えが重要な位置を占めていて、他の媒体とは比較にならないような導線への配慮が必要とされていますので、すでに弁護士や司法書士事務所を探しているユーザーでも自分の欲しい商品がすぐに見つかり、その商品をたくさん扱っているところだと直感的に分からないと効果が上がりません

テーマサイト(集客特化ホームぺージ)ではその事務所が該当のテーマに対しての強みやサービスだけをアピールすることができるので総合スーパーではなく出来の良い魚屋としてのアピールができ、検索エンジンの検索結果をクリックして意図しないページを開いた場合でも、自分が今魚屋の中にいるのだという事をファーストビューにおいて示すことが可能です。ちなみに第一の層に対しては第二の層以上にリスティング広告が有効となります。問題解決に向けたフェーズに入っている場合、直接的に依頼先を探している可能性がありますので、ユーザーはリスティング広告を行っているような事務所のほうが受け入れ態勢があるという判断で、話しが早いのではないかと思うのです

第二の顧客層(自分が解決しなければいけない問題を調べている層)に対するテーマサイトを用いたアプローチ


自分が解決しなければいけない問題を調べている層にとって、自分の解決したい分野について詳しい情報が掲載されている、カテゴリやケース別で情報が整理されている(できれば事務所で扱った実例が掲載されている)、その情報の出所が信頼に足りる人であるということがホームページに求める条件になります。ユーザーは専門家が運営している詳しいサイトを本能的に探しています。

コーポレートサイトでも個別の分野について詳しい情報を載せているホームページはいくらでもあります。そのようなサイトではページを辿っていけば必ず探せるはずですが、Webの世界ではどのような分野に力を入れている専門家が運営している情報量の多い質のよいサイトだということをユーザーに直感的に分かってもらうことが必要です。冒頭で触れたテーマサイトの編集面でのアドバンテージとはこのことが一目で分かる、または詳しいだろうと期待させることができるというものです。

詳しい情報や事務所の実例などが多い場合、症例を多く扱った医師がその問題について説明しているようなもので、非常に説得力があり、調べている段階であろうと早めにまずは相談してみようという気になるのです

テーマサイトのドメインは分けたほうがよいのかサブディレクトリでもよいのか


これはどちらでも構いません。両者ともメリットがあります。サブディレクトリ(○○○.com/○○○)にした場合でもディレクトリは以下のデザインが全く変わっていて別のサイトという位置付けであれば問題ありません。

テーマサイト立ち上げ費用

pokerface.jp6

468,000円(税別)

オプションレスポンシブ(Webデザイン)

100,000円(税別)

新規制作時にレスポンシブ化する場合の費用です。
一旦非レスポンシブWebデザインで立ち上げたものを後日レスポンシブ化するケースは150,000円(税別)~になります。

立ち上げ費用に含まれるもの

  • CMS構築費用(WordPressまたはMovable Type 使用)
  • ホームページ企画書ご提出
  • SEO(検索エンジン)キーワード調査
  • 初期のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 全頁SEO対策(各テーマに合わせた調整)
  • 本文作成(15Pまで)
  • Q&A、コラム(SEO 対策が主な目的)のコンテンツ※テキストベースのページ(20P以内)
  • メールフォーム作成1点
  • 新着情報投稿ツール1点設置(TOPページに表示エリア作成、登録時のカテゴリ選択で対応)
  • Q&A(または用語集)投稿ツール1点設置(必要な場合、TOPページに表示エリア作成、登録時のカテゴリ選択で対応)
  • グーグルマップ1点設置
  • 電話サポート1か月
  • ブログ1点設置(必要な場合)
  • サイト内検索(必要な場合)
  • RSS(必要な場合)
  • 簡易マニュアル
  • Google Analytics(アクセス解析)設置(必要な場合)
  • サーバへのアップロード

ホームページの制作作業は当社関連会社の有限会社ポーカー・フェイスが行います。

ホームページ制作と同時にブランディング支援が必要な場合ブランディングページを参照ください。

ホームページを作成してリスティング広告も行い方向け割引プランもございます

1.テーマサイトプラス

  • テーマサイト立ち上げ
  • SEO対策
  • リスティング広告

2.テーマサイトコーポレートサイトプラス

  • テーマサイト立ち上げ
  • コーポレートサイト立ち上げ
  • SEO対策
  • リスティング広告

3.コーポレートサイトプラス

  • コーポレートサイト立ち上げ
  • SEO対策
  • リスティング広告

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

当社サービスの特徴

pokerface.jp1

サービスポリシー(オーダーメイド)

皆さんの法律事務所・司法書士事務所にとって一番効果的なホームページについて考えます。

成功パターンを1つ作って金太郎飴的にコンサルティングをしていくという手法があります。この場合成功パターンは必要以上に労力を掛けて作っていくので成功の可能性は高いのです。「ここで成功したのであなたも大丈夫です、うまくいかない場合は努力が足りません」ということになるとキツイですよね。

ベースに導入するノウハウと情報は当然必要ですが、弁護士・司法書士の方個人のスキル、地域性等考慮して仮説を立てた上で、コンサルティングしていかないと、反響が取れずに修正をかけていく時に困難になります。

弁護士・司法書士向けの集客ノウハウ・Webマーケティングを駆使して、その上で、事務所なりの強みを作っていく過程が大事なのです。

当社は、仮説の提示、実際の問い合わせの分析を通じて個別の法律事務所・司法書士事務所の強みづくりを支援していきます。

サービスポリシー(Webマーケティングの実践)

pokerface.jp5

自社の集客方法は弁護士・司法書士の方に提供するサービスと同じものでないといけないという考え方を持っております。

テレマーケティングという手法がございますが、大手のWebマーケティングサービスを提供する企業がこの原始的な手法でネットのサービスを売り込んでいるのを耳にします。当社はお客様へのコンサルティングでは弁護士・司法書士の個別の内容に合わせて柔軟なご提案をいたしますが、自社の独自ノウハウを確立する方法としてはWebマーケティングに特化した展開をいたしております。ここで得られたノウハウというのは弁護士・司法書士の方にとって非常に価値のあるノウハウになってくると確信しております。当社には仕事を取るという意味の営業は一人もおりません。集客はWebマーケティングとご紹介のみです。

弱者に位置付けられる者が営業に費用を掛けないで継続的に集客できる方法はWebマーケティングが最適です。このノウハウの蓄積のためならどんな投資も惜しみません。テレマーケティングで集客を行っているような企業が顧客に十分なWebマーケティングのノウハウを提供することはできないと考えております。

サービスポリシー(レスポンスの速さ)

pokerface.jp7

お客様へのレスポンスの速さは当社の生命線だと考えております。

コンサルティング会社、ホームページ制作会社のレスポンスの悪さをよく耳にします。これは弁護士・司法書士の方にもよく申し上げていることですが、レスポンスの悪さはお客様との意思の疎通を阻害する要素となります。すぐに回答できないことであっても、何らかの一次回答をするように心がけております。また、お客様の法律事務所・司法書士事務所が解決しなければならない問題が発生した場合は、事が重大であれば優先して問題解決のサポートにあたります。

法律事務所・司法書士事務所の実情を把握した上での回答

また、レスポンスの速さと合わせて、顧問契約等で継続的に続いている事務所様との関係は法律事務所・司法書士事務所の実情をよく理解して回答するという顧問契約本来の目的を達成しないと意味がないと考えますので、定期的なお尋ねやディスカッションを密にしていく努力を惜しみません。

ホームページ制作後のアフターサービス

pokerface.jp4

当社がご提供するホームページはCMSですので公開後は自事務所で更新できます。

デザインとテキストを分けて管理するCMSはホームページの知識やホームページ制作ソフトがなくても編集することができます。ホームページ公開後はマニュアルをお渡しして、スタッフが電話で使用法の説明をしております。

テクニカルサポートだけでも当社にお任せいただけます。

使い方を熟知していたスタッフが辞めてしまった。こんな時はメール・お電話でのテクニカルサポートをスポット、継続共にご用意しております。

デザインの絡むような自分で修正できない部分は、スポットで当社にお任せください。

CMSでもご自分で編集できない部分がございます。デザインの変更に関わる部分や画像などは1か所からスポットで変更の対応をいたします。当社のサポートが必要な場合にしか費用が発生しません。

顧問契約でサポートさせていただいている事務所様には修正作業も対応させていただきます。

Webマーケティングのアドバイザリー契約を結んでいる法律事務所・司法書士事務所にはホームページの修正などの作業も当社が担当させていただきます。また、改善のミーティングの内容を加味して修正を行っていきます。

ホームページの維持費が非常に安い理由

pokerface.jp6

維持費が安くないと次の手を打ちにくくなります。

例えば1サイトの維持費が5千円の場合テーマサイトを10サイト作成して年間最低60万円は掛る計算になります。

当社はWebマーケティングにおいて固定費が一番の足かせになると考えますので、固定費はなるべく抑えて必要であればスポットで対応します。

ホームページサービスはレンタルサーバとドメインのみ直接ご契約いただければ運営を行えます。

月額にしますと1,125円(税別)になります。通常、ホームページ制作会社はレンタルサーバの販売代行を行っていたり、修正費込みでランニングコストを設定しているため、維持費は高めになります。

ポーカー・フェイス・コンサルティングの強み(費用面)

pokerface.jp6

当社の最大の強みはコストパフォーマンスにあります。

当社はグループ会社の有限会社ポーカー・フェイスで蓄積したノウハウを基にコンサルティングサービスをご提供しておりますが、有限会社ポーカー・フェイスでは多くの法律事務所・司法書士事務所の所長と二人三脚で地道に集客のノウハウを高めてまいりました。過払い金返還業務で弁護士事務所が潤った時には、広告代理店の攻勢に無駄な費用をつぎ込んで成果を上げられなかった事務所様を多数目の当たりにしてきましたが、何の準備もなく、ただ世の中の流れに合わせていくことの恐ろしさを知ったのではないでしょうか。

短期、中長期のマーケティングからキャンブル性を取り除いて、効果の確認ができているツールに費用を掛けることが重要です。また、定期的な検証と改善の繰り返しも必須となります。当社では弁護士・司法書士の方のアクションプランを構成する一つひとつの項目について費用対効果を確保しながら、着実な集客の増加を目指しておりますので、結果として無駄な投資を抑えることになります

ポーカー・フェイス・コンサルティングの強み(技術面)

pokerface.jp8

当社の強みはWebマーケティングにあります。

グループ会社の有限会社ポーカー・フェイスはWebマーケティングの費用対効果の高さに注目して、Webマーケティングという言葉が定着する前からこの分野でサービスを提供している企業です。弁護士など士業事務所に特化してからWebマーケティングに関わってきた事務所数はおおよそ300事務所以上に及びます。

当社の関わるWebマーケティングは集客の最適化、Webサイトの最適化、サービスに関するブランディング(宣伝・啓蒙・普及活動)になります。

また、集客技術の他にCMS(コンテンツマネージメントシステム)でのホームページ制作に強みがあり、CMS(コンテンツマネージメントシステム)ではホームページの更新が専門的知識がなくても可能になるものですので、法律事務所・司法書士事務所が自事務所で情報発信をし、ブランディングやSEO対策に非常に向いている技術と言えます。

 サービス対応範囲

文字組の基本out

当社のサービスは全国対応です。

当社は地方の法律事務所・司法書士事務所の対応には力を入れておりますが、ブティック型ではなく地域密着サービスの場合地方ではお客様同士が競合になる場合もございます。顧問契約先がある地方の同一市町村では、場合によってはお断りするケースもございますので、予めご了承ください。

コミュニケーションについて

顧問契約において、弁護士事務所の実状や経過をよく理解した上で助言することを重要視しますので、メール、お電話、面談で積極的にお話しをさせていただく仕組みを作っております。面談につきまして地方の場合は、東京に弁護士・司法書士の方がいらっしゃる場合にお立ちよりいただくケースが多いですが、大阪・兵庫・京都・愛知・滋賀・奈良・三重・岐阜・静岡エリア以外の法律事務所・司法書士事務所へも、極力時間を作りお伺いするようにさせていただいております。

納得のいく無料相談

pokerface.jp2

弁護士事務所向けに平日・夜間・土日祝日問わずに無料相談を行っております。

当社にお問合わせがあった場合、無料相談という形で、現在法律事務所・司法書士事務所を取り巻く環境のこと、Webマーケティングの活用、継続的なブランディングの重要性についてのご説明、相談にいらっしゃっていただいた弁護士事務所の実状等にコメントさせていただいております。

事務所の経営について真剣に考えている相談者の方が多いので表面的な会話ではなく突き詰めた会話になっていく例が多いです。

受任するしないに関わらずご相談者の方の問題解決の糸口になっていただけるような時間を作りたいと考えておりますので、無料相談に時間を惜しまないようにさせていただいております。開業前の弁護士・司法書士の方の場合平日はご来社いただくことが難しい場合がございますので、夜間や土日祝日も対応しております。

当社以外に依頼する場合でも無駄な時間にはなりませんので是非ご利用ください

 

 【関連記事】こちらもお読みください。

弁護士のホームページ集客(ネット集客)のまとめ

法律事務所(弁護士)ホームページの原稿作成

コンテンツマーケティング

独立開業時のホームぺージ

 

この記事を書いた人:ポーカー・フェイス代表 清水信宏

広告代理店入社後パソコン・ゲーム関連のマーケティングを担当、パソコンソフトウェアメーカーの事業部長を経て1997年(有)ポーカー・フェイス立ち上げ、2013年ポーカー・フェイス・コンサルティング(株)設立。全国200事務所以上の法律事務所・司法書士事務所のWebマーケティングコンサルティングに関与。

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策