新エディター『Gutenberg』につきまして

Word Press 5.0から、新たにGutenberg(グーテンベルク)というビジュアルエディターが搭載されています。
「ブロック」という機能を使用することにより、より感覚的にページ作成を行う事が可能になりました。

『Gutenberg』ご利用上の注意点

新エディターである『Gutenberg』の注意点として、既存ページ改行表示が崩れてしまう不具合が報告されています。

こちらの不具合の原因は、旧エディターで作成されているページを新エディター『Gutenberg』で「更新」した際に起こると考えられており、以下の手順で改善することが可能です。

改行表示の不具合を改善する

  1. 改行表示が崩れているページの編集画面を開き、本文部分にカーソルを合わせます。
  2. すると「クラシックブロック」が表示されますので、右上の三点メニューボタンをクリックします。
  3. メニューの中から「ブロックへ変換」を選択で、改行が正しく反映されます。

引き続き旧エディターをご利用になりたい場合

Word Press5.0から、新たに『Gutenberg』が搭載されてはいますが、エディター設定画面から下記設定を行っていただく事で、引き続き、従来のエディターのご利用が可能です。

  1. ダッシュボードの左メニューから「設定」にカーソルを合わせます。
  2. 「Tiny MCE Advanced」をクリックします。
  3. エディター設定画面が開きますので、ページ下部「高度なオプション」内、「Replace the Block Editor with the Classic Editor」にチェックを入れます。
    タブは「Block Editor(Gutenberg)」、「Classic Editor(Tiny MCE)」どちらを開いていても大丈夫です。
  4. 「変更を保存」で設定完了です。

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策