シーピーシー, シーピーエー, サンシー

CPCとは

CPCとは

 

CPC(Cost Per Click)とは、リスティング広告を1回クリックしてもらった時の単価になります。

 

ポイント

CPCの改善には広告の工夫とキーワードの選定、検索クエリを見ながらの除外ワードの設定を日常的に行っていくことが重要で、比較的地味な作業になります。除外ワードの設定では○○弁護士という実在の弁護士事務所や○○○の離婚とか芸能人の名前で検索して実際にクリックしてくることがあり無駄費用を使ってしまうことがありますので、こまめにチェックします。

受任額が大きい場合や受任率の高い業務に関してはCPAが高めでも良しとするケースを作り、全てのキーワードで平均を取るようなことはしないようにします。一時期の「過払い」「過払い金」などのキーワードはこれにあたります。

 

CPA(Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Action)とは

 

CPA(Cost Per Action)とは、リスティング広告で実際に法律相談の受付などを獲得するのにかかった成果一件獲得するのにかかるコストです。かかったコストを、獲得数で割って算出します。

 

ポイント

弁護士事務所立ち上げ時からリスティング広告をスタートするケースで、まずはコーポレートサイトをランディングページとして、後にテーマサイトができた段階で、ランディングページをテーマサイトとすることがあります。このケースで比較するとコンバージョンレートが上がることが多いので結果としてCPAが改善することが多くありますので、CPAの改善にはランディングページの影響が大きいことが分かります。

テーマによっては敷居の低いホームページのほうがCPAが悪化するようなケースもありますので、テーマをよく吟味して、対象に合ったホームページを作成するのが重要です。

 

サンシー<3C>とは

サンシー<3C>とは

 

顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)の頭文字を差します。

 

ポイント

弁護士事務所が自身の事務所のマーケティングを分析する場合、この3つのCを対象にするのは基本ですが、マーケティングの出発点は顧客のニーズですのでまずは御事務所の顧客が何を求めているかという分析が最重要です。法律相談を多くこなされている弁護士の方は自身の経験として顧客のニーズが蓄積されているかと思いますが、今後法律相談を行っていく上で、相手が何を求めているかという意識は常に強くお持ちください。アンケートなどを利用して面談以外の情報を得るのも有効です。

競合に関しては競合がどのように顧客のニーズに応えようとしているかを把握するようにしましょう。選ばれている弁護士事務所には理由が必ずあります。

顧客のニーズを把握し、競合がどのように顧客ニーズに応えているのかを把握した上で、自身の弁護士事務所がどのような立ち位置でどのようなサービスを提供すれば支持を得られるのかという仮説が浮かび上がってきます。

法律相談は受任に結び付く重要なアクションであるのと同時にマーケティングの出発点である「顧客」を知る意味で本当に重要なものです。弁護士会の法律相談等でも構わないのですが、御事務所を指定して御事務所に相談に来た特別な顧客についての分析が最重要です。

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策