スマートフォン専用ホームページ, スマホ対応

スマートフォン専用ホームページ

スマートフォン専用ホームページ

「スマートフォン向けホームページ」「スマホサイト」等、決まった言い方がある訳ではありませんが、一般的な認識では、PC向けホームページをスマートフォンユーザーの為に最適化したページを言います。
ホームページのURLの終わりに「/sp/」と付くケースが多いです。

スマートフォン専用ホームページのURLの例

  • PC向けホームページ:http://www.○○○.co.jp/
  • スマートフォン向けホームページ:http://www.○○○.co.jp/sp/

スマートフォン専用ホームページのメリット

スマートフォンはPCよりも画面サイズが小さい為、スクロールせずに見える範囲が限られます。
従って、PC向けホームページをスマートフォンで見せると情報過多になりがちですが、専用ホームページでは必要な情報のみ見せる事が出来ます。
また、文字や画像のサイズもPC向けホームページの縮小版では無い為、読み易くミスタップを減らす事も出来ます。
リスティング広告のランディングページの様に見せ方(アピール力)が大切なホームページの場合、スマートフォン専用ホームページは向いています。

 

スマートフォン専用ホームページのデメリット

ホームページの作り上は独自ドメインの配下にスマートフォン専用のフォルダが作られ、htmlファイル・cssファイル・画像ファイル等が入っているイメージになります。
従って、PC向けホームページとスマートフォン専用ホームページと、中身が同じコンテンツが2種類以上存在する事になります。
頻繁にホームページを更新される場合は、PC向けホームページとスマートフォン専用ホームページの両方のページを毎回更新する必要があります。

スマートフォン専用ホームページのデメリットのカバーが出来るレスポンシブウェブデザインがありますが、レスポンシブウェブデザインではスマートフォン専用ホームページのメリットを欠いてしまいます。
自分のホームページはスマートフォン専用ホームページが良いのかレスポンシブウェブデザインが良いのか検討をする必要があります。

スマホ対応

スマホ対応

スマートフォン端末を使いグーグル検索を行うと、検索結果のURLの下に「スマホ対応」と書かれているページを見掛ける場合があります。
「スマホ対応」のラベルが付いている状態をグーグルはモバイルフレンドリー(mobile friendly)と呼び、スマートフォン端末向けに適した見せ方が出来ている状態のページに「スマホ対応」のラベルが付きます。
モバイルフレンドリーは2015年4月から検索結果のランキングを決める要因として導入される事になりました。
グーグルは、モバイルフレンドリー(スマホ対応)が適する条件を下記の様に説明していますが、下記の条件を満たしたとしても必ず適用される訳では無い為、注意が必要です。

モバイルフレンドリー(スマホ対応)が適用される条件

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

グーグルウェブマスター向け公式ブログより抜粋

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策

専門家紹介ページ