コンバージョンレート, 5:25の法則, ケーピーアイ

コンバージョンレート<CVR・Conversion Rate >とは

コンバージョンレート<CVR・Conversion Rate >とは

コンバージョンレート(CVR・Conversion Rate )とは、サイト訪問者のうち法律相談に申し込んだり、資料を請求したりするなどのホームページ運営者が意図した行動を取るに至った割合のことを言います。コンバージョン数をページアクセス数で割って算出します。
 

ポイント

コンバージョンの用語説明でも触れましたが、アクセス数が伸びてもコンバージョンを取れなければ意味がありません。当社が関わった事例の中で、アクセス数を狙いどおりに拾えたのにコンバージョンを取れなかったので、実際の到達キーワードを分析してホームページのコンセプト自体を変えてしまったケースがあります。

仮説でホームページの対象を絞った上でキーワードを設定して、実際に狙いどおりのキーワードでのアクセスが多数あるにもかかわらずコンバージョンがない場合はランディングページの改善を行いますが、それでも結果が出ない場合はコンセプトチェンジを考えたほうがよろしいかもしれません。ホームページは変わっていくものですので、初期のかたちにこだわる必要はございません。
 

 

5:25の法則とは

5:25の法則とは

 

顧客離れを5%改善した場合、利益は最低でも25%改善されるという法則のこと。

 

ポイント

企業法務など顧問契約を増やしていくと事務所の月々の経営は安定しますが、現在の社会状況で弁護士が新規のクライアントを獲得するのには容易ではありません。獲得したクライアントが離れないように様々な努力をすることが必要となります。いずれにせよ顧客離れを防ぐ努力は新規の顧客を獲得するコストに比べればはるかに低いということを頭に入れて、レスポンスが遅くならないように気を付けるという点、依頼者の要望を十分に理解しているかという点などコミュニケーションには十分注意しましょう。ほとんどの場合十分なコミュニケーションが取れていれば満足度は低くならないはずです。

 

ケーピーアイ< KPI >とは

ケーピーアイ< KPI >とは

 

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、重要業績指標と呼ばれるものです。抽象的な目標があった場合に、それを具体的な数値目標に変え、その過程を見ることで適切な改善策を講じられるようにする。

 

ポイント

アクセス数の増減だけを漠然と見ていても改善のヒントは見つかりませんので、まずはホームページの目的を明確にします。弁護士事務所の場合ホームページ来訪者のうち法律相談の申し込みをした割合が最も重要な指標となりますので、こちらをKPIとすることが多くなります。

 

特に重要なのはSEOキーワードの設定で、数字を見ながら中期で変えていかなければいけないものです。来訪者に対して法律相談の申し込み数が少ない場合は、サイトの立ち位置と特定の関心を持つユーザとをつなぐキーワードにミスマッチがあるかもしれません。せっかく検索エンジンの順位が3位以内に入っていてアクセス数も多いのに法律相談に結びつかないのであればキーワードの設定を変えていかなければなりません。

 

また、アクセス解析でナビゲーションに問題があると判断した場合は適切に変えていきましょう。

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策