レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design)とは、ウェブデザインの方法の一種になります。
スマートフォンやタブレットの普及により、現在ではレスポンシブウェブデザインを使用しているホームページを多く見掛ける様になりました。
レスポンシブウェブデザインでは、PC向けホームページデザインの一部をPC・タブレット・スマートフォン等の各端末の画面サイズに合わせ自動的に配置(レイアウト)を変更します。

レスポンシブウェブデザインのメリット

各端末別にページ(htmlファイルやcssファイル等)を用意し、リダイレクトの設定をする必要が無い為、全端末に同一のページを表示する事が出来ます。
CMS(ワードプレスやムーバブルタイプ等)を使用しているホームページでは、更新時に複数のページを更新する必要はありません。
複数のページを更新する必要が無い為、更新に掛かる時間を減らし、漏れ等のミスを回避する事が出来ます。
従って、頻繁に更新される方に向いたウェブデザインの方法と考えられます。
また、検索エンジンやアクセス解析の結果に同一の趣旨の別ページ(中身は同じだがURLが別のページ)が出る事も回避出来ます。

レスポンシブウェブデザインのデメリット

各端末の画面サイズにより配置を自動的に変更する為、PC専用のページやスマートフォン専用のページと比較するとデザインの自由度は低くなります。
デザインの自由度の関係で、表(テーブル)を使用しているページでは、1~2文字程度で文字が改行されてしまう場合があります。
また、リスティング広告に使うページ(ランディングページ)でも、PCやスマートフォンの専用ページと比較すると訴求力に欠ける場合があります。

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策

専門家紹介ページ