法律事務所のホームページ集客(Webマーケティング)スケジュール

これからホームページ集客(Webマーケティング)を始めてみたいという、弁護士・司法書士の方

これからホームページ集客(Webマーケティング)を始めてみたいという、弁護士・司法書士の方向けにどのようなタイムスケジュールになるのかを一度まとめておきます。Webマーケティングというと何だか少し敷居が上がってしまい、得体の知れない高度でテクニカルな印象になるかもしれませんが、効率的にネットから集客するだけの話です。先例に鑑みて、シンプルに費用対効果の高い投資を実施し、短期で実績を上げる。レビューを繰り返しながら、向かいたい方向と実際の結果を考慮しながら事務所に合った継続方法を確立するというのが核心です。もっとも、継続するというのはブランディング要素を伴いますので、そこには事務所名を「何で(専門性やサービスポリシーなど)」名前を知ってもらいたいかという「意思」も必要になります。法律事務所や司法書士事務所での法律相談を希望している方が最初にすることはインターネットでの検索になります。最近では、この時「どこの」事務所に加えて「どんな」事務所が検索ワードに加えられますので、「何で」名前知ってほしいということは重要なのです。ホームページは事務所のイメージそのものなのです。そして、一定以上の満足度の場合には「どんな」事務所として、紹介・口コミでその方の周辺に伝わります。これは企業法務だけでなく一般民事も同様です。

2017年8月17日

ポーカー・フェイス 代表 清水信宏

ホームページ集客(Webマーケティング)の現状

それでは、実際にどのような状況になっているかですが、現状都市部では資金力のある事務所とそうでない事務所で完全に二極化しています。インターネットからの集客はそれ自体投資効果が高いものですので、露出にお金を掛けた分を回収できる可能性が高いので、循環していくと大きな差になっていきます。千代田区、港区、中央区、新宿区のようなエリアは元々弁護士が多いですし、現在でも増加傾向で、露出中の大手事務所との厳しい戦いが待ち受けています。現状では開業場所の選択が重要なのは間違いありません

事務所集中エリアでも選択するテーマと差別化次第です。

先に述べたように、事務所集中エリアは避けたほうがよく、競争が激しくないエリアでは継続して集客できる可能性は格段に高まります。また、もう1点考慮しなければいけないことに、露出するテーマの選択があります。例えば遺産整理業務を含んだ司法書士事務所の相続ワンストップテーマサイトなどはこの数年でホームページが増えましたし、集客できるテーマです。弁護士の離婚テーマなども切り口次第で集客が可能です。その他にも可能性のあるテーマはあります。フックとなる「需要あるスキマ」を打ち出せる経歴、マインドの方は協議段階で棚卸しさせていただきます。

「先例に鑑みて」という初動については、うまくいっている例をなぞるだけでなく、継続できるように、事務所の特色や差別化が伝わるように当初から工夫する必要もあります。今は「弁護士」や「司法書士」を探すのではなく、「○○な弁護士」、「○○な専門家」を探す時代だと理解していれば、そのような思いでネット専門家を探す依頼者とホームページの親和性を保てます。また、人数が少ない時のほうが差別化しやすいのでホームページを作りやすいという点もポイントです。何の特徴もなく中途半端に人数だけ増えている事務所さんのホームページほど差別化しにくいものはありません。

それでは実際のホームページ集客(Webマーケティング)のタイムスケジュールを見ていきます。

ホームページを作成し、リスティング広告の開始、ホームページと広告の改善という流れを説明させていただきます。当社では継続的にホームページ集客できるための事務所方針決定までに7月半のスケジュール提案をさせていただいております。

ホームページ集客モデル費用

  1. ホームページ制作費41万8千円(税別)
    ※テーマサイト又はコーポレートサイト1サイト作成。定価は46万8千円(税別)ですがリスティング広告を同時に行う場合の割引費用となります。
  2. スマホ対応10万円(税別)
    ※レスポンシブ Web デザインでのスマホ対応になりますので一般記事は1回の更新でPC/スマホともに変更されます。
  3. リスティング広告代行費 月額6万(税別)※4の顧問契約を同時に依頼いただくと半額になります。
  4. ホームページ修正+マーケティング顧問 月額5万(税別)

ホームページ作成費用等の制作費用はこちらを参照ください。

ホームページ集客(Webマーケティング)タイムスケジュール

(1)ホームページ制作フェーズ

協議(無料相談1時間)
(スタート) 請負契約
※初回費用はホームぺージ制作費・スマホ対応費用合計の半金
キックオフミーティング(詳細なヒアリング2時間~3時間程度)
※地方のお客様でもキックオフミーティングの際はご訪問させていただきます。
  • 弁護士・司法書士の方の将来展望
  • 業務
  • 経歴
  • 業界動向とのすり合わせ
  • 差別化
ほか
(2週間程度経過) ヒアリングシート提出(詳細なヒアリング2時間~3時間程度)
※地方のお客様は原則電話打ち合わせになります。
  • ホームページの考え方
  • ホームページ項目(ホームページ掲載コンテンツ)
  • 基本データ(営業時間、相談受付方法)
  • ビジュアル方向性
  • サービスポリシー
ほか

ホームページの企画について

ホームページの企画についてはすべて当社からの提案ベースで行います。ただし、押し付けはしません。「弁護士・司法書士の方の考えをどれだけ具現化できるか」、「品位を失わないでどれだけ特徴をアピールして差別化できるか」という2点が当社の役割だと考えております。もっとも、成功事例の手法を踏まえた上での提案となります。

(1か月程度経過) 企画提案書提出
  • 企画書
  • デザインフレーム
  • 想定キーワード
  • ビジュアルパーツ
  • 原稿管理表 ※必要原稿一覧、原稿の体裁提案
(1か月程度経過) ホームページ原稿作成開始(お客様)

ホームページの原稿について

ホームページの原稿については、以下の2つの理由でお客様にご用意いただいております。

  • SEO対策上独自性、ユーザの役に立つコンテンツが望ましいので美しく整った文章ではなく弁護士や司法書士自身が作成した原稿が望ましいです。
  • 現在のSEO対策はコンテンツマーケティングという考えでホームページに関連性の高いページを適時公開していく方法が求められています。ホームページの当初原稿を当社の指導のもとにお客様に原稿を用意していたくことで公開後に向けた原稿作成のトレーニングとなります

それでもどうしても原稿の作成が難しいという場合ランディングページという広告用の縦長の原則TOPページだけのホームページをご選択ください。原稿も含め当社がすべて作成します。
費用についてはこちらの最上部に表記されていますが、46万8千円(税別)
※スマホ対応費用10万円も必要でリスティング広告を同時にご依頼いただいた時の割引は適用されません。

(1か月半~2か月程度経過) ホームページデザイン
ホームページコーディング
リスティング広告企画書提出(詳細なヒアリング2時間~3時間程度)
ホームページ確認(仮UP)
(3か月程度経過) ホームページ公開

(2)リスティング広告またはリスティング広告+顧問契約フェーズ

(3か月半程度経過) リスティング広告スタート
(4か月半程度経過) リスティング広告開始1か月後のホームページ集客レビュー(詳細なヒアリング1時間~2時間程度)

お客様には「相談受付シート」のご提出をお願いします。相談状況によりランディングページの修正を提案いたします。またホームページの運用状況を確認しながら、コラム・Q&A等の原稿の作業状況も確認させていただきます。ランディングページの修正はリスティング広告の管理をご依頼いただけている期間は無償で対応いたします。コラム・Q&A等の追加は顧問契約を締結している場合当社が行います。締結がなくリスティング広告のみご依頼いただいている場合はお客様がコラム・Q&A等の追加をしてください。その他のページの修正、リスティング広告以外のアドバイザリーについては顧問契約を締結している場合顧問料内での対応となります。
顧問契約の内容についてはこちらを参照ください。

リスティング広告開始1か月後のホームページ集客レビューについて

通常集客の改善についてはおおよそ4カ月を要します。1か月目で目立った成果が出ない場合もあり得ます。データがすべて残るので逆に改善しやすいのがリスティング広告の特徴と言えます。広告だけ変える、ランディングページだけ変えるということでは効果を出せません。広告とランディングページの両方最適化していくことになります。

(5か月半程度経過) リスティング広告開始2か月後のホームページ集客レビュー(原則メール・電話対応)

お客様には「相談受付シート」のご提出をお願いします。前回のレビュー後の修正の結果を検証し、相談状況により再度のランディングページの修正を提案いたします。また、ホームページの運用状況を確認しながら、コラム・Q&A等の原稿の作業状況も確認させていただきます。

(6か月半程度経過) リスティング広告開始3か月後のホームページ集客レビュー(原則メール・電話対応)

お客様には「相談受付シート」のご提出をお願いします。前回のレビュー後の修正の結果を検証し、相談状況により再度のランディングページの修正を提案いたします。また、ホームページの運用状況を確認しながら、コラム・Q&A等の原稿の作業状況も確認させていただきます。

自然検索の順位についても資料提出させていただきます。ホームページ公開から3か月後というのは自然検索においても目標確認のタイミングとなります。 ※顧問契約を締結しているお客様については3か月に1度の定期訪問のタイミングとなります。 顧問契約の内容についてはこちらを参照ください。

(7か月半程度経過) リスティング広告開始4か月後のホームページ集客レビュー(原則メール・電話対応)

各種改善を加え、最適化が終わるタイミングですので、この月の成果を見て、費用対効果が伴わない場合はリスティング広告の終了となります。最善を尽くしますが、終了した事例がないわけではありません。また、数は少ないですがテーマを変えて再チャレンジということもございます。当社としては4カ月で目途を付ける前提ですが、お客様のご要望で半年以上続けてようやく成果を出せたという事例もございます。

ホームページ集客(Webマーケティング)の費用対効果について

弁護士や司法書士事務所の広告の費用対効果については、受任単価で考えます。受任単価についてはテーマにもよりますが、サービス業ですので、売り上げの20%程度で想定する場合が多いです。ただし、前の事務所でも経験がない方がインターネット集客を始めて、最初のころは受任率が低くなることが考えられます。最初の3か月ぐらいはインターネット経由の相談になれるという時間も入っています。4カ月目に受任率が改善すればよしと考えておきましょう。

ホームページ集客(Webマーケティング)への取り組みについて(総論)

ホームページを使ったインターネットからの集客(Webマーケティング)は、運営していく中に多くのヒントが隠されております。インターネットの動きはすべてデータが残りますので広告、SEO対策ともに改善の方法があります。ホームページ制作時に協議させていただいたホームページを育てるためのルーティン作業(コラム・Q&A等)を含め所長の理解があれば成功の可能性は高くなります。集客できるしくみ作りにはまず7カ月半のお付き合い、そこをうまく通過したら長いお付き合いが必要になってきます。当社はこのような長いお付き合いの事務所さんが多いのが特徴です。多くの事務所の所長に選んでいただいている当社を、御事務所でもよきパートナーとしてご検討ください

PF006

郊外・地方都市の弁護士の方は是非こちらもお読みください。

郊外・地方は、我々が現在最も力を入れているカテゴリです。

 

面談無料相談はこちらからどうぞ  
電話無料相談はこちらからどうぞ  
※遠方の方は一度電話相談を利用してから、面談をされることをおすすめいたします。

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策

専門家紹介ページ