法律事務所ホームぺージのフリーダイヤルについてどのように考えればよいか

今やサービス業ではフリーダイヤルの導入が常識

サービス業のホームページの場合、今やフリーダイヤルは必須ですが、法律事務所のホームページでも効果的です。歯科医院などと違い弁護士事務所へ電話を掛ける時は、依頼する気持ちがまだ固まっていませんので弁護士事務所へ電話することへの敷居を下げて、まずは法律相談を受けていただくということが非常に重要です。

この時、一般の電話よりもフリーダイヤルのほうが敷居を下げる効果が高いのです。お客様にとっては、電話代が掛らないということがメリットではなく、どうぞ掛けてくださいという姿勢のほうがメリットになります。

フリーダイヤルだと法律相談受付のオペレーションも楽になる

フリーダイヤルを設けて、一般ダイヤルとフリーダイヤルの両方で電話を受ける場合、フリーダイヤルの受信音を変えることができますので、フリーダイヤルに掛かってきたら新規の相談者という判断ができます。この場合担当が決まっていれば、法律相談受付の担当がフリーダイヤルに出て、スムーズに受付をすることができます。また、フリーダイヤルだけ弁護士自身の携帯や電話代行会社に転送するということも可能になってきます。

法律相談の受付は一般ダイヤルではだめなのか

それでは、法律相談の受付が一般電話ではだめなのかということですが、一般電話で法律相談の受付をしている法律事務所もたくさんございますし、実際電話は掛かってきますので、だめだということにはなりません。ただし、電話を使って法律相談を受ける場合を除けば、コスト的には微々たるものですし、多少のコスト増で無料法律相談の着電が増え、オペレーションが楽になるのであれば、フリーダイヤルを導入したほうがよいと言えます。

フリーダイヤルにした場合、スタッフの対応が変わることがあります

フリーダイヤル=新規法律相談申し込みにした場合、スタッフの方の電話対応が比較的丁寧になるという傾向があるようです。丁寧な対応が事務所の好印象になりますので別のメリットと言えます。また、フリーダイヤルに営業の電話がかかってくる可能性は比較的低いようです。これは、なんでフリーダイヤルに営業の電話を掛けてくるのですか、お金が掛かるんですよと、怒られることがあるからで、営業会社も成果を上げたいので悪い印象を持たれたくはないと考えるからだと言われております。

 

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策

専門家紹介ページ