法律事務所のメールアドレスについてどのように考えればよいか

メールアドレスについての解説

独自ドメインでホームページを公開する場合、ホームページと同様のメールアドレスを使用することが出来ます。ホームページが http://www.tokyo-lawyers-office.com/ でメールアドレスが @tokyo-lawyers-office.com というかたちです。ニフティなどのプロバイダの契約がある場合ニフティなどのメールアドレスを使用することが可能です。

相手はメールアドレスがホームページのドメインと同じとか違うとかは気にしませんので、メールアドレスは必ずしもホームページと同じでなくても構いません。重要なのはメールの見落としがないかどうかということです。複数のメールアドレスを使用する法律事務所の方もいらっしゃいますが、○○@○○.comにメールしてありますと伝えると、あれはもう使用しておりませんというやり取りがあったりします。

ニフティ等のプロバイダでも構いませんので普遍的に使用するメールアドレスを1つ作成して、そこにすべてメールが届くのが一番間違いないかと思います。info@等の代表アドレスも場合によっては要らないかもしれませんが、弁護士と事務員共通で利用するアドレスが必要という場合には info@等のアドレスを作成するのがよろしいでしょう。

ちなみに多くのレンタルサーバでは1つの契約で何個でもメールアドレスを持つことが可能です。

既に事務所運営をされている弁護士(法律事務所)の方からのご質問

お問い合わせ

無料相談をご希望の方は今すぐフリーダイヤルかお問い合わせフォームにてご連絡ください。

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

事前予約で土日祝日面談対応

無料相談お申込み

無料電話相談

全国対応30分

開業・ホームページ・WEBマーケティングでご相談したい弁護士の方。まずはこちらをクリック

仮予約カレンダー

面談(60分・原則当社会議室)または電話相談(30分)

まずはこちらをクリック

こんな方はご相談ください。

  • ホームページを集客の基本としたい
  • 開業時のスタートダッシュを狙いたい
  • 紹介される時に印象の良いコーポレートサイトを立ち上げたい
  • テーマに合わせて効率よくホームページを増やしたい
  • 現在のホームページが機能していないので見直したい
  • 現在使用している営業ツールを見直したい
  • ブランディングツールを作成したい
  • 継続して Web 戦略に関わってほしい
  • 費用対効果の高いコンサルを選びたい
  • 事務所運営について相談できる相手がほしい
  • ホームページの修正はレスポンスのよいところに頼みたい

SEO対策の基礎

業者任せのSEOは通用しなくなりました。

当社とお客様と二人三脚で息の長いSEO対策